ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

世の中には、いろいろなことを楽観的に捉えて楽しそうにしている楽観主義者となんでもかんでもマイナスに捉えて落ち込んでばかりいる悲観主義者がいます。大人も子どもも同じですね。進路懇談などをしていると、本当に人によって考え方が違うなぁと感じさせられます。楽観主義と悲観主義、一見楽観主義の方が良く見えますが行きすぎた楽観主義も困りものです。世の中にはなんとかならないこともあるからです。今回は、この楽観主義と悲観主義について考えてみます。

楽観主義者と悲観主義者

ホンマでっかTVから学ぶ

出典:ホンマでっかTV
私は「ホンマでっかTV」が好きでよく見ているのですが、だいぶ前に楽観主義者と悲観主義者について面白い研究があるということを心理の植木先生が説明されていました。
植木先生によると楽観主義か悲観主義かは遺伝子レベルで決まっているそうです。しかし、訓練することで悲観主義者を楽観主義者に変えることができるそうです。
まず、悲観主義者か楽観主義者かどうかをどのように判別するか・・・
下のような実験があるそうです。
被験者の前に二つの写真を見せます。一方は、その人にとって悪いイメージのもの(例ではヘビ)もう一方は良いイメージのもの(例ではイヌ)です。すると、楽観主義者はイメージの良い写真ばかり注視するのに対して、悲観主義者は悪いイメージの写真ばかり注視するそうです。・・・興味深いですね。

コップに水が半分入っているのを見て、空気を見る人は「半分しかない」と考えるのに対して、水を見る人は「半分もある」と考えるのと一生懸命ですね。

コップの水

幽霊と赤ちゃん

雨と晴


この実験をみていると考え方によっては悲観主義も必要だということを感じます。山をお散歩しているとき、ヘビと小鳥がでてきたときに、ヘビに注視しない人は命の危機が訪れるはずです。しかし、行きすぎた悲観主義はやはり生きづらいですね。でも、
「安心してください!変われます!」

悲観的な人には、イメージの良い光景ばかり意識してみるように訓練します。この訓練をなんと8ヶ月も行ったそうです。・・・すると、
悲観主義者が楽観主義者に変わることができたそうです。人は変われるんですね。ということで、楽観主義と悲観主義についてでした。心理学はおもしろいですね。

down

コメントする




デジタル教材・プリント教材

自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月45000pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate