ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

授業で見せたい動画31「自然治癒する壁」

calendar

NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。仕組みは「人間の皮膚」と同じです。

自然治癒する壁


 ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。壁が損傷すると当然液体が外へと漏れだしますが、その瞬間急速に凝固し新たな壁へと再生して代わります。つまりは、人間の皮膚と血液の役割と同じ。しかし、傷がふさがるスピードは1秒とかからないそうです。すごい時代になりました。割れても自己回復するガラスがあれば即学校に導入してもらいたいものです。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...