ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教師に役立つ情報 » 2015年度全国学力テスト結果発表 理科、3年前より成績改善 実験の考察が苦手

2015年度全国学力テスト結果発表 理科、3年前より成績改善 実験の考察が苦手

calendar

全国学力学習状況調査の結果が公表されました。

全国学力•学習状況調査結果公表

文部科学省は25日、小学6年と中学3年の全員を対象に、4月に実施した2015年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。初の全員参加となった理科の都道府県別平均正答率(公立校)は、抽出で行われた12年度調査の理科と比べ、小中とも下位層の成績が全国平均に近づき、改善傾向が見られた。一方、実験・観察の結果を踏まえた考察や説明の正答率は低く、依然として苦手だった。同時に実施した児童生徒への質問調査で、中学から理科離れの傾向が顕著になっていることも分かった。文科省は「授業改善や教員研修の充実を進めていきたい」としている。14年度調査と比べると、都道府県別成績は国語と算数・数学も下位層の平均正答率と全国平均の差が縮小し、底上げが進んだ。ただ、例年同様に知識の活用力や記述問題の正答率は伸び悩み、課題が残った。児童生徒には教科に対する意識を質問。中3の一部は、小6だった12年度調査で理科を含めた3教科を受けていることから、3年前と回答を比較したところ「教科の勉強が好き」と答えた割合は3教科とも減少。特に理科は81・5%から61・9%と19・6ポイントも減った。都道府県別の平均正答率は、小中の3教科とも秋田、福井、石川、富山が上位となり、固定化の傾向は変わらなかった。14年度調査で小学校の成績が大幅に改善した沖縄は、今回もほぼ同様の結果だった。文科省は各地で学力向上の取り組みが進み、地域間格差が縮まっているとみている。来春の高校入試の内申点評価に学校別成績を活用する大阪は、数学Aの平均正答率が公立校の全国平均と0・1ポイント差に近づくなど、中学校の成績が14年度より向上した。

(共同通信)

中学校になると理科好きが減少

【ふたばの感想】

小6と中3で理科が好きと答えられる子どもが20パーセントも減少するということにショックを受けました。理科は本来、子どもの「なぜ」に答えてくれる楽しい学問のはずです。なぜこのような結果になってしまったのでしょうか?中学校の理科教師として責任を感じます。
「好きこそ物の上手なれ」
まずは「理科好き」の生徒を増やすために、理科の先生が生徒が興味関心をもって授業に取り組めるようななんらかの仕掛けや工夫をしなければならないと思いました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder デジタル教材・プリント教材

太陽の一日の動き
温帯低気圧の一生
原子の性質
more...

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...