ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教師に役立つ情報 » 勉強するほど不幸になる!?幸せ👼≠お金💴≒学力🏫の関係性

勉強するほど不幸になる!?幸せ👼≠お金💴≒学力🏫の関係性

calendar

AbemaTVでとても興味深い内容が放送されていました。

幸福度1位の沖縄は年収ビリ!?競争している限り幸せになれない。

まずは上の動画をご覧ください。

「お金=幸せ」?

幸福度が最も高い都道府県は沖縄県。幸福度が高い都道府県は南の方に多いイメージですね。

そんな沖縄県を平均年収ランキングで見てみると・・・なんと年収が一番低いんです。

幸福度が最も高い沖縄県の平均年収が一番低いという事実は資本主義社会に生きる私たちにとって衝撃の内容ですよね。AbemaTVではここから幸福度と年収の関係性について考察していくのですが、ちょっと待って下さい。幸福度最下位の秋田県の年収はというと・・・44位。下から4番目です。つまり、秋田県については年収が高いほど幸福度が低いという関係は成り立たないんです。でも、教育現場に生きるふたばはここであることが気になりました。幸福度が最も低いのが秋田県・・・そうです。2022年度の小中学校全国学力テストで一位を3つも取った秋田県の幸福度が最も低いんです。

出典

ここだけを切り取ると学力が高いほど、幸福度が下がるということになってしまうんです。では、沖縄県の学力を見るために全国学力テストの結果をもう少し詳しく見てみましょう。

2022年度の全国学力テストの平均正答率

ここでもう一つ衝撃の結果が!上の表からは沖縄県の全国学力テストの結果はほぼ最下位ということが分かります。つまり、学力が最も高い秋田県が最も幸福度が低く、学力が最も低い沖縄県が最も幸福度が高いという結果になっているんです。・・・うーんなんか皮肉ですね。ただ、これは学力と収入に相関関係があるという事実からも説明できそうです。

学力と競争と幸せ

私たち教師は学力が高いほど、子どもたちが豊かな生活、つまり幸せな生活を送れると思っています。でも、もしかしたら学力をあげようと必死になれば必死になるほど子どもの幸福度が下がってしまうかもしれないんです。動画では、収入が高いほど幸福度が下がる理由について「競争」をあげています。もし幸福度が下がる原因が「競争」なら、収入や学力が上がることが問題ではなく、収入や学力を競わせようとする仕組みが問題だということになります。全国学テの後、全国の小中学校で

  • 「本校は全国学テの平均点より上だった(下だった)」
  • 「都道府県の平均には勝った(負けた)」
  • 「答えが分からなくても何か書かせて無回答はなしに」

などといった声が職員室で上がっていることと思います。競争より子どもたちの幸せを第一に考えた教育を行っていきたいと感じました。

全国幸福度ランキングはこちらで確認できます。

授業で使えるデジタル教材が満載!「ふたば塾」

ふたばのブログの姉妹サイト「ふたば塾」では、理科の授業で使えるデジタル教材やプリント教材、授業動画で使ったスライドを無料で公開しています。

▶ ふたば塾はこちらから

▷ デジタル教材はこちらから

▷ 授業プリントはこちらから

▷ 授業動画のスライドはこちらから

予習や復習で使えるYoutubeチャンネル

Youtubeチャンネル「ふたば塾」では、予習や復習で使える授業動画を配信しています。ふたば塾のデジタル教材に対応しているので関連付けて学習できます。ぜひご活用ください。

▶ ふたば塾のチャンネルはこちらから

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、学びエイド認定鉄人講師、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了、MIE(Microsoft Innovative Educator 2022)取得
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」、中学理科の授業動画を中心としたYoutubeチャンネル「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】


100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
株式会社リバネス(教育応援VOL55)
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同