ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

子どもに見せたい動画15「もし、道端に倒れている人がいたら?」

time 2014/11/06

一種の心理学実験動画です。
「道端で倒れているいる人がいたら、周りの人はどのように行動するのか」
という発問に対して、ほとんどの生徒が
「声をかける」
「救急車を呼ぶ」
といった行動をとると考えます。
しかし、実際は•••。

もし、道端に倒れている人がいたら

子どもによっては衝撃を受けるかもしれませんね。
しかし、この動画の行動原理は「イジメ」と全く同じです。みなが正しい行いを知っているのに
「誰も行動しないから私もしなくてよい」
という意識がはたらいて正しい行動ができないのです。
私がこの動画を見せるときには合わせて「傍観者効果」についても説明します。
[傍観者効果]
他人に対して援助(救助)すべき状況にあるとき、周囲に多くの人間がいることによって、援助行動が抑制されてしまうこと。その場に自分以外いなかった場合には援助行動が行われる確率が高いが、周囲にいる人数が多いほど行動が抑制される傾向がある。 傍観者効果があらわれる原因には、「自分がしなくてもよいだろう」という”責任の分散(diffusion of responsibility)”や「人の目が気になる」という”聴衆抑制”などがあるとされる。
正しいとわかっているのに、行動できない•••悲しいことですね。身近な例でいうと「電車の席を譲る」などでしょうか?
最近、道徳的実践力という言葉が使われるようになりました。道徳的に正しいとわかっていても、行動が伴わなければ自己嫌悪に陥ってしまうだけです。行動して始めて意味があります。子どもには周りに流されることなく自分で考えて正しい行動がとれるようになってほしいものです。
↑同様の実験です。
傍観者効果については世界まる見えの「あなたならどうする?とっさの心理学大実験!」
がわかりやすくて素晴らしいです。ぜひご覧下さい。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月4万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate