ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

アンパンマンを知らない子どもはいません。アンパンマンが嫌いな子どももいません。だったら、授業で使うしかない!ということで、いろいろ調べて「あんぱんまんの絵本」で道徳をしました。

あんぱんまんで利他のすばらしさと戦争の悲惨さを伝える

 初期のあんぱんまんを読んでびっくり。手の指は五本あるし、三頭身です(笑)
アンパンマンは当初、貧困に苦しむ人々を助けるという内容で、未就学児には難しく、編集部や批評家、幼稚園の先生などから酷評された過去があります。しかし、次第に子供たちの間で人気を集め、幼稚園や保育園などからの注文が殺到するようになりました。さすがアンパンマンですね。作者のやなせたかしさんは戦争経験者です。

やなせさんの経験

やなせさんは
 
「行軍したり、泥だらけになってはい回ったりするのは、一晩寝ればなんとかなる。ところが、飢えはどうしても我慢できない」
 
「食べられないというのは、ものすごくきついですよ。飢えれば人肉だって食べようという気持ちになるんだから」
 
と戦時中の飢えの苦しみをコメントしています。また、戦争の経験から正義というものに対しても、
正義のための戦いなんてどこにもないのだ。正義は或る日突然逆転する。正義は信じがたい
 
逆転しない正義とは献身と愛だ。それも決して大げさなことではなく、眼の前で餓死しそうな人がいるとすれば、その人に一片のパンを与えること
 
「困っている人、飢えている人に食べ物を差し出す行為は、立場が変わっても国が違っても「正しいこと」には変わりません。絶対的な正義なのです」 
 
やなせさんの中で絶対的な正義が目の前で飢えている人に食べ物を与えることだったのです。深いですね。
この本のあとがきにも
「本当の正義とは決して格好いいものではなくむしろ自分も深く傷つくものそういう捨身、献身の心なくしては正義は行えない
だからこそアンパンマンはボロボロのマントを着て自分を食べさせることによって飢える人を救うのだ」
と書かれています。
なぜアンパンマンはこんなにもたくさんの人から愛されるのか?それは献身と自己犠牲にあると思います。
改めて絵本の読み聞かせを行い、やなせさんの過去と共に、アンパンマンの魅力について再度子どもたちに考えさせたいものです。
↑顔が半分のアンパンマン
↑ついには顔がなくなってしまいます

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate