ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

今回は、心理学の中で有名な「ノミの実験」(ノミのジャンプ)という話をご紹介します。

ノミの実験について

ノミは通常2mの高さまでジャンプするそうです。そのノミに高さ50cmほどの箱を被せるとどうなるか知っていますか?ノミは最初、天井を破ろうと努力をして何度も飛び跳ねます。しかし、何度挑戦しても50cmしか飛べないと、自分の限界に気づきノミは50cmしか飛ばなくなるそうです。そして、恐ろしいことに、そのノミは箱をどけても高く飛べる状態にしても、それ以降は50cmしか飛べなくなるそうです。

つまり自分の中に「心理的限界」を作ってしまったんですね。このノミは自分のジャンプの限界を50cmと決めてしまったんです。でも、この飛べなくなってしまったノミを再び飛べるようにする方法が一つだけあります。それは「自分以上に飛んでいる仲間」の姿を見せてあげることです。つまり違うノミを隣に置き、その違うノミが簡単に1m以上ジャンプするのを見せるのです。すると、今まで50cmしか飛べなかったノミが再び1m以上のジャンプができるようになるということです。
私自身が調べた訳ではないので、真偽の程はわかりませんが、面白い実験だと思いました。
人間にも同様の現象があると感じます。自分で限界をつくってしまうことは本当にもったいないことです。常に自分の目標となる人やライバルをつくることで自分が思っている限界は意外と簡単に超えられるのかもしれませんね。私も自分の限界を決めることなく精進していきたいと感じました。

ネズミと電気ショック

この実験と似ている実験でネズミと電気ショックという実験があります。少し、かわいそうな実験です。ネズミをゲージにいれておきます。床には一定の間隔で電気ショックがおこします。ゲージにはスイッチがあり、スイッチを押すと電気ショックが止まるようになっています。はじめて電気ショックを受けたネズミはパニックになりながらゲージ内を走り回ります。そうしているうちにスイッチを押すことになり、結果として電気ショックを免れることができます。しばらくすると、ネズミは電気ショックを防ぐ方法を覚えて、電気ショックを受けるとすぐにスイッチを押すようになります。
ここからが、ミソです。この状態から、一定時間、ネズミがスイッチを押しても電気ショックが解除されないようにするのです。ネズミはスイッチを押しても電気ショックが解除されないことに戸惑い、再びパニックになります。そして暴れまわりますが、やはり電気ショックは解除されません。しばらくすると、ネズミは諦めたようにその場でうずくまります。電気ショックを止める術を諦め、暴れて体力を消耗するよりもジッと耐えるようになるのです。その後、再度スイッチで電気ショックが解除されるようにしても、ネズミはスイッチに触れることなく、ただ電気ショックを耐えるようになるのです。・・・怖っ。目の前に電気ショックを止めるスイッチがあるにも関わらず、前に挑戦した時無駄だったという経験から、行動を起こさなくなってしまう・・・負の連鎖ですね。人間も同じだと思います。勉強に一度失敗した子どもは、「勉強は難しい」「僕なんかが勉強やっても無駄だ」と間違った学習がおこなわれます。本当に悲しいことだと思います。
このような心理学を教師が知ることで、1人でも勉強嫌いが減ってくれることを祈ります。

※この実験の話がマルチ商法などで悪用されているという情報をいただきました。実験と書いてしまいましたが、実験についての詳細な情報はわかりませんでした。実験ということで、信憑性を増したエセ科学である可能性もあります。あくまで人間にやる気を出させたいという思いから生まれた、心理学の「例え話」という認識していただければと思います。

コメント

  • コメントありがとうございます。
    ノミの実験については、私も教員研修の中で心理学の実験として聞いただけでした。調べてみても、何年に誰が行われたかわからない不確かな情報でした。申し訳ありません。ノミのサーカスと呼ばれるものがあり、そこで見世物としてノミの芸があったことは確かなようです。この芸として犬やネズミを用いたオペラント条件付けの実験が合わさってこのような話になったのではないかと推測しています。ノミが目で距離を測って跳ぶ力を変えているかどうかは不明です。個人的にはそのような能力はないと感じます。例え話が実験の名を借りて信憑性を増しながら広まっていった可能性も高いと思います。
    ノミの実験の話がマルチ商法などで悪用されているということは初めて知りました。許されないことです。言葉の選び方が不適切だったと感じています。理科の教師としてもう少し責任を持って文章を書きたいと思いました。記事に関しては、内容を変えさせていただきたいと思います。

    by ふたば €2017年3月6日 8:09 AM

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate