ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

授業に使えるアプリ4「Human Body」

calendar

今回ご紹介するのは、人体の単元で使えるアプリ。その名も「Human Body」です。価格は300円。

Human Body

感覚器官、骨、神経系、消化器、循環系、筋肉などの器官を選択して表示することができます。それぞれ器官ごとに楽しみながら学ばせる工夫がされています。例えば、
「クッキーの匂いを嗅がせると唾液がでる。」
「食べ物を口に持っていくと、食べ物が消化管を流れる。」
「目に光を当てると瞳孔が縮まる。」
など、アニメーションや音声によって楽しんで学べる人体模型アプリです。
↑食べ物を食べた時の消化管の様子
↑重要な部分は拡大できます。写真は心臓の拍動。
↑様々な器官が選べます。
これだけ遊べて300円。いかがでしょうか?興味があればとってみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...