ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » 最強の生物クマムシ

最強の生物クマムシ

calendar

前回の続き。

地上最強の生物といえばもうお分かりですね。そうです。クマムシです。


へ〜、テレビとかでよく見るけどクマムシってこんな形してたんだ。クマムシの何が地上最強なのか改めて調べてみました。
耐熱温度:−150℃〜150℃
水分量:通常85%→0.05%まで生存可能
圧力:7万5000気圧で生存可能
放射線:57万レントゲンでも平気
こんな風に書かれてもよくわからないと思うので簡単に言います。
宇宙でも平気!
これは中学生にもわかりやすい!しかも宇宙線を浴びても直接太陽光を浴びても生存するという無敵っぷり。いやぁ、地上最強に相応しい。でも、これは乾眠という状態での話。通常状態では指でつぶせば死ぬし。お湯をかけても死ぬみたい。うーん、地上最強の定義は難しいですね。子どもはこういう話が好きですから、授業の小ネタとしては盛り上がること間違いなしです。
[amazon_link asins=’B00HCEGGD2′ template=’original’ store=’futabagumi0e-22′ marketplace=’JP’]

folder デジタル教材・プリント教材

太陽の一日の動き
温帯低気圧の一生
原子の性質
more...

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...