ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

沼津港深海魚水族館 シーラカンス•ミュージアム①

calendar

東海大学の博物館を見学した後、沼津港にある沼津港深海魚水族館に行きました。今回はその様子を書いていきたいと思います。

沼津港深海魚水族館

博物館を三つハシゴするって幸せです。ですがその前に腹ごしらえ、沼津港でぜひとも食べたかったのがこちら↓
ジャジャーン
DONどこ丼の超深海魚丼です。

超深海魚丼

その名の通り深海魚をふんだんに使った丼です。ボリュームたっぷりの三人前!気になる味はというと•••揚げてあるので普通の魚とあまり違いは感じませんでしたね。ただ、見た目と深海魚を食べているという思いからかなんとなく海のエネルギーを感じたような気がします(笑)深海魚の刺身を丼にした、石焼深海魚丼も注文しましたが、こちらは絶品!同じく深海魚料理を扱う「魚重」にも過去に伺ったことがありますが、そこで食べた深海魚刺身定食も絶品でした。深海魚は刺身が美味しいということがわかりましたね。

魚重の深海魚刺身定食

↑魚重の深海魚刺身定食

↑ゲホウという深海魚

↑そんな目で見ないで!

お腹がいっぱいになったところで、お目当ての深海魚水族館に•••さすが三連休!長蛇の列は水族館の裏側まで続いています。並んでまっていると建物の側面に面白いものを発見しました。こちらです↓

 ダイオウグソクムシでできたクリスマスツリー

なんとダイオウグソクムシの殻(脱皮?or死骸)でできたクリスマスツリー!これはイヤでもテンションが上がります。30分ほど並んだところで中に入れました。ドキドキ胸も踊りました。
ということで沼津港深海魚水族館①でした。続きは次回

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...