ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 道徳・総合的な学習 » 人生について考えさせられるフリーマガジン「TOKYO VOICE」

人生について考えさせられるフリーマガジン「TOKYO VOICE」

calendar

東京のカフェで素晴らしいフリマーマガジンに出会いました。それが今回ご紹介する「TOKYO VOICE」です。

TOKYO VOICE

 

TOKYO VOICE PAPERSは年3回発行されるフリーマガジンです全国300ヶ所の国のカフェや雑貨屋さんで配布されています。発行月は、1月、5月、9月の3回。発行月が変動する場合もあるそうなので、詳細についてはインターネットで調べてみてください。

フリーマガジンの内容

TOKYO VOICEには、様々な人の「生き様」が描かれています。記事は語りてが一人称の視点で、読者に語りかけるように進みます。口語表現なので、カフェで読むと、まるでその人の話を聞いているような気持ちになります。この「語りて」のチョイスが凄いんです。高校生モデルから居酒屋のお婆ちゃんまで老若男女幅広い語りてが自身に人生について語ります。最新の9号の表紙を飾るのは西村宏堂さん。彼は僧侶でメイクアップアーティストでゲイです。彼のお話には本当に引き込まれました。語りてたちは、過去の自分、家族との関係、自分のことをどう思うか、社会について、仕事について、などなど、自分の想いや考えを等身大のまま語りかけてきます。様々な考え方に触れることで、私も人生についてよく考えるようになりました。道徳の教材としても使えると思います。ウェブサイトでは過去の記事を読むこともできるので、まずは一度読んでみてください。ふたばのように、ファンになるかもしれません。

人の声で、明日は変わる。
YOUR VOICE CHANGES YOUR WORLD.

誰かの声が、誰かの心に響いて、何かが少し変わる。
その小さな変化が、また誰かに伝わって、変化はちょっとだけ大きくなる。
そんな水面に広がる小石の波紋のように、あなたの声を伝えていきたい。
TOKYO VOICEはただそれだけのために創刊されたFREE MAGAZINEです。
FREE(無料)にしたのは、誰にでも手に取って欲しいから。
そしてFREEは「自由」という意味でもあります。
小さくても何者にも縛られない自由なメディアであること。
それがTOKYO VOICEです。

TOKYO VOICEは紙のTOKYO VOICE PAPERSと、ウェブのTKVW(TOKYO VOICE WEB)のふたつのメディアがあります。それぞれが独立して、多様な声を伝えていきます。
TOKYO VOICE PAPERSの最新号は全国のカフェ、アパレル、セレクトショップなど約300店で配布されています。出典:TOKYO VOICE WEB

TOKYO VOICE の フリーマガジンはこちらから

TOKYO VOICE WEBへのリンク

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...