ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » 1月21日は3つの天体現象が重なる不思議な月が見える

1月21日は3つの天体現象が重なる不思議な月が見える

calendar

明日、1月21日は天体マニアにとってはとても珍しい日になるようです。

3つの天体現象が重なる?

地球と月の距離が近くなり、月がいつもより大きく見える「スーパームーン」「皆既月食」、さらに満月が重なる「スーパーブラッド・ウルフムーン」が観測されることがわかっているからです。

スーパーブラッド・ウルフムーン

そんなに珍しいならぜひ見てみたいですよね。でも残念なことにスーパーブラッド・ウルフムーンが見られるのは、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ヨーロッパやアフリカの西側だけだそうです。発生日時は標準時間の午前0時12分。日本では見られないとはいえ、世にも珍しい天体現象です。生徒に話のネタとして伝えてみてはいかがでしょうか?

folder デジタル教材・プリント教材

太陽の一日の動き
温帯低気圧の一生
原子の性質
more...

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...