ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

赤い糸は、奥下和彦さんが2009年に発表した映像作品です。この映像は様々なコンペで入賞しました。

一筆書きの芸術

赤い糸は全て一筆書きで書かれた作品で、人の人生を描いています。一本の赤い糸が織りなすストーリーは、人と人の繋がりを感じます。
奥村さんは今も映像の分野で活躍されています。有名なところでは、報道ステーションのオープニング映像を担当されています。誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか?↓

報道ステーションオープニング

見ていて飽きない感じがいいですね。面白いと思いました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...