ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

保護者に見せたい動画「名前のない展覧会」

calendar

Facebookで話題になった名前のない展覧会です。
子どものことを親がどれだけ理解しているのでしょうか?
もし、子どもたちの作った作品が名前のない状態で展示されていたら親は気づいてあげられるでしょうか?
名前のない展覧会は、そんな素朴な疑問を実際に調べてみたドキュメンタリー動画です。

名前のない展覧会

「これかなぁ。」「これっぽくない?」夫婦での会話の中に子どもたちを理解していたいという思いが感じられます。
この取り組みを終えて、親と子の絆が強まったのではないでしょうか?
このプロジェクトは遠隔個別指導による教育サービスを展開するRISU japanによるものです。考えさせられました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...