ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Raymayのハンディ顕微鏡「petit」

calendar

この前妻と文具屋さんに行ったところ面白い物を見つけました。気になるものを場所を選ばず観察できるミニミニ顕微鏡raymanの「petit」です。

raymanのハンディ顕微鏡「petit」

売られていたのは、20倍まで観察できる「ハンディpetit20倍」と120倍まで観察できる「ハンディZOOM」の二種類。20倍は小さくてキーチェーンが付いているので、カバンなどにつけておけば気になるものを見つけたときすぐに観察することができます。120倍は20倍のものより一回り大きくより高倍率で観察することができます。気になるものをじっくり観察したいときはこちらですね。うまく使い分ければ毎日の生活が少し楽しくなりそうです。3月も中頃です。Amazonで調べてみると両方共1000円程度で売られていました。もし予算が余っているのなら、班で使うように20倍と120倍を班分買われてみてはいかがでしょうか?もちろん教師用にもどうぞ。理科教師として、常に興味関心をもって生活したいものです。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す