ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

リコーの超単焦点プロジェクターがすごい

time 2016/04/13

前に、格安ペーパースクリーンをご紹介しました。

格安ICT機器、100インチペーパースクリーン

今回は、リコーが発売した小型、軽量の単焦点プロジェクターRICOH PJ WX4152NI/WX4152N/WX4152をご紹介します。

image

 

リコーの超単焦点プロジェクターがすごい!

image

省スペース利用を実現

● わずか11.7cmの超至近投写

リコー独自技術の自由曲面ミラーを採用し、本体背面から投写面へわずか
11.7cm(本体含め26.1cm)。壁ギリギリの設置で、48型の投影が可能です。

● 置く場所に困らないコンパクトサイズ

小さなデスクや打合せコーナーなど、設置場所を選ばない世界最小サイズです。持ち運びが楽なのがいいですね。

● 約3.0kgで持ち運びやすい

上に書いたサイズ以上に大切なのが重さです。このプロジェクターはミラー反射式超短焦点プロジェクターにおいて、世界最軽量の質量約3.0kgを実現しています。簡単に持ち運びができそうですね。

image

さまざまな利用シーンで投写可能

● 机上投影

プロジェクターを横に傾けることで、机上に画面投写ができます。たとえば、インタラクティブ機能*と組み合わせて、机上に書き込みを行うなど、新たなミーティングシーンでご利用いただけます。

● 壁掛け設置も可能

壁掛け設置での投写も可能で、会議室はもちろん、ゼミや研究室等の教育現場から展示会まで幅広く使用できます。投写時は、圧迫感が少なく光も目に入りません。

● インタラクティブモデルもご用意

電子ペンを同梱したインタラクティブ内蔵モデルをラインアップ。キャリブレーションなどのセットアップ作業を必要とせず、投写面へ手書きでの書き込みが可能です。

*RICOH PJ WX4152NIのみ。

個人的には机上投影のできるインタラクティブモデルが気になりました。新年度で予算がとれるなら、おすすめのプロジェクターです。教頭先生におねだりしてみてください(笑)

down

コメントする




デジタル教材・プリント教材

自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月45000pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate