ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » デジタル教材・プリント教材 » 1年花のつくりと植物の分類(穴埋め問題)

1年花のつくりと植物の分類(穴埋め問題)

calendar

※空欄に戻したいときは、画面を再度読み込んで下さい。

被子植物の花のつくり

  • 種子植物・・・花が咲いたあと、種子でふえる植物
  • 被子植物・・・胚珠子房でつつまれている植物
    • 柱頭・・・めしべの先の部分
    • やく・・・おしべの先にある袋。中に花粉が入っている。
    • 受粉・・・柱頭に花粉がつくこと
    • 子房・・・めしべの下部にあるふくらみ。中に胚珠がある。受粉すると果実になる。
    • 胚珠・・・子房の中にある粒状のもの。受粉すると種子になる。

裸子植物の花のつくり(マツ)

  • 裸子植物・・・子房がなく、胚珠がむき出しになっている植物
    • マツの雌花・・・りん片にむき出しの胚珠がある
    • マツの雄花・・・りん片に花粉のうがあり、花粉がつくられる
  • 裸子植物の覚え方

松  井、超  ソテツ 好き らしい

マツ イチョウ ソテツ スギ 裸子植物

植物のつくり

根のつくりとはたらき

水や水にとけた養分を吸収したり、からだを支える

共通のつくり

  • 根毛・・・根の先端にある毛のような根。表面積を広げることで効率よく吸収をおこなうことができる。

双子葉類

  • 主根側根からなる根をもつ

単子葉類

  • ひげ根をもつ

葉のつくりとはたらき

葉緑体をもち、光合成を行う。

共通のつくり

  • 葉脈・・・葉に張りめぐらされた管。茎の維管束とつながっている
  • 気孔・・・孔辺細胞に囲まれたすきま。葉の裏側に多く存在し、水蒸気気体の出入り口となる。気孔から水が水蒸気となって出ていくことを蒸散という。

双子葉類

  • 網状脈・・・葉脈が網目状

単子葉類

  • 平行脈・・・葉脈がすじ状

植物の分類

植物は胞子でふえる植物と種子でふえる植物に分けられる。

  • 胞子で増える植物・・・シダ植物コケ植物
  • 種子植物・・・花が咲いたあと、種子でふえる植物
    • 裸子植物・・・子房がなく、胚珠がむき出しになっている植物
    • 被子植物・・・胚珠子房で包まれている植物
      • 単子葉類・・・子葉が1枚の植物

(単子葉類の覚え方)

鎖  骨  い〜ね、 鈴木 ゆり たん♡

ササ コーン ツユクサ イネ   ススキ ユリ 単子葉類

      • 双子葉類・・・子葉が2枚の植物
        • 合弁花類・・・花びらがくっついている植物

(合弁花類の覚え方)

朝    来  た    ひつじ

アサガオ キク タンポポ ツツジ

        • 離弁花類・・・花びらが離れている植物(例)アブラナ、エンドウ

動物の分類

動物は、背骨をもたない無脊椎動物と背骨をもつ脊椎動物に分けられる。

  • 無脊椎動物・・・バッタ、カブトムシなどの昆虫類、イカやアサリなどの軟体動物、ミミズなどの環形動物など
  • 脊椎動物・・・背骨をもつ動物
    • 魚類
      • 生息場所・・・水中
      • 体温・・・変温
      • 呼吸・・・えら
      • 生まれ方・・・卵生(水中)
      • からだ・・・うろこ
    • 両生類
      • 生息場所・・・子は水中、親は水辺
      • 体温・・・変温
      • 呼吸・・・子はえら、親は肺と皮膚
      • 生まれ方・・・卵生(水中)
      • からだ・・・粘液
    • は虫類
      • 生息場所・・・陸上
      • 体温・・・変温
      • 呼吸・・・
      • 生まれ方・・・卵生(やわらかいから、自然に孵化)
      • からだ・・・うろこやこうら
    • 鳥類
      • 生息場所・・・陸上
      • 体温・・・恒温
      • 呼吸・・・
      • 生まれ方・・・卵生(親が卵を温める)
      • からだ・・・羽毛
    • ほ乳類
      • 生息場所・・・陸上
      • 体温・・・恒温
      • 呼吸・・・
      • 生まれ方・・・体ので子を育て、出産後はで育てる
      • からだ・・・毛
  • 変温動物・・・まわりの温度が変化すると、体温も変化する動物(魚類、両生類、は虫類)
    • 気温が低下すると、体温が下がり活動ができなくなるため、冬眠する動物が多い。
  • 恒温動物・・・まわりの温度が変化しても、体温をほぼ一定に保つことができる動物(鳥類、ほ乳類)
    • 陸上生活に適している
  • 卵生・・・卵を産んでなかまをふやす方法
  • 胎生・・・子を体内であるていど育ててから産むことでなかまをふやす方法

実験器具の使い方①

ルーペの使い方

  • レンズと目が平行になるようにして、ルーペをできるだけに近づけて持つ。
  • 観察するものを前後に動かして、ピントを合わせる。
  • 観察するものが動かせないときは、自分の頭を動かす。

顕微鏡の使い方

観察の手順

  1. 接眼レンズ→対物レンズの順にレンズを取り付ける。(鏡筒にゴミが入らないようにするため)
  2. 反射鏡を動かして視野を明るくする。
  3. プレパラートをステージにのせる。
  4. 横から見ながら、調節ねじをまわし、プレパラートと対物レンズ近づける
  5. 接眼レンズをのぞき、プレパラートと対物レンズを遠ざけながら、ピントを合わせる。
  6. 必要であれば、しぼりで明るさを調節する。

顕微鏡の倍率

  • 顕微鏡の倍率は接眼レンズの倍率対物レンズの倍率で求めることができる。

双眼実体顕微鏡

  • 双眼実体顕微鏡を使うと観察物を立体的に観察することができる。
  • 右目でのぞきながら、調節ねじでピントを合わせる。
  • 左目でのぞきながら、視度調節リングを調節する。

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...