ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

これで完ぺき!理科の総まとめ(天気)

calendar

気象の観測

気象

大気中で起こる様々な現象

天気

雲量から判断

雲量 0〜1 2〜8 9〜10
天気 快晴 晴れ くもり
天気図記号


風向

風が吹いてくる方向を16方位で表す。※北風→北からふく(寒い)、南風→南からふく(暖かい)

風力

風の強さ、風力階級表をつかい、0~12の13段階で表す。

気圧

空気の重さ、アネロイド気圧計や水銀気圧計で測定する。単位はヘクトパスカル〔hPa〕

気温

地上から1.5mの直射日光の当たらない場所で測定する。(例)百葉箱

湿度

空気の湿り気、乾湿計と湿度表から求めることができる。

天気図の表し方(教育出版社ホームページへのリンク)

空気中の水の変化

飽和水蒸気量

1㎡の空気がその気温で含むことのできる最大の水蒸気量。気温が高くなるほど、飽和水蒸気量は多くなる。


露点

空気中の水蒸気が凝結し始める温度

湿度

湿度〔%〕=1㎡の空気中に含まれている水蒸気の質量〔g/㎡〕÷その空気と同じ気温での飽和水蒸気量〔g/㎡〕×100

雲のできるところ

上昇気流が起こるところ

  1. 強い日射
  2. 低気圧
  3. 寒気と暖気

上昇気流→空気が上昇すること。

下降気流→空気が下降すること。

雲のでき方


水の循環

水はかたちを変えながら、地球上を循環している。

水の三態


固体⇔液体⇔気体

気圧

大気の圧力。(空気の重さ)高度が高くなるほど気圧は低くなる。海面で1気圧(1㎠あたり10N)単位:ヘクトパスカル〔hPa〕、1hPa=100Pa=100N/㎡、1気圧=1013hPa

大気の流れと気圧

大気の流れ

気圧の低い所から高い所にふく

偏西風

日本の上空に1年中ふいている西風。偏西風の影響で日本の天気は西から東に移り変わる。(別名:ジェット気流)

季節風

大陸と海洋の温度差によって季節ごとにふく風。(別名:モンスーン)

  • 夏(海→冷、陸→暖)⇒南東の風
  • 冬(海→暖、陸→冷)⇒北西の風
海陸風

大陸と海洋の温度差によって昼夜ごとにふく風

  • 昼(海→冷、陸→暖)⇒海風
  • 夜(海→暖、陸→冷)⇒陸風

気圧

空気の重さ。単位:ヘクトパスカル〔hPa〕

等圧線

気圧の等しい地点を結んだ点。気圧の分布の様子(気圧配置)が分かる。間隔がせまいほど風力が大きくなる。1000hPaを基準に4hPaごとに引く。20hPaごとに太線にする。

低気圧と高気圧

低気圧

まわりより気圧の低い所。左回りに風が吹き込む。上昇気流がおこるため雲ができやすく天気が悪いことが多い。

高気圧

まわりより気圧の高い所。右回りに風が吹き出す。下降気流がおこるため雲ができにくく天気がよいことが多い。

気団と前線

気団

気温や湿度がほぼ一様な大気のかたまり

前線面

2つの気団がぶつかってできる境界面

前線

前線面が地面と交わる線

前線の種類

寒冷前線

寒気が暖気をおして進む。積乱雲をつくり、強いにわか雨のあと、北風がふいて気温が下がる。

温暖前線

暖気が寒気をおして進む。乱層雲をつくり。おだやかな長い雨のあと、気温が上がる。

停滞前線

寒気と暖気の勢力がおなじ。梅雨前線や秋雨前線も停滞前線の一つ。


閉そく前線

寒冷前線が温暖前線に追いついてできる。

温帯低気圧

南東に温暖前線、南西に寒冷前線をともなう。閉そく前線ができたあと消滅する。


日本の四季と4つの気団


気団

気温や湿度が一様な大きな空気のかたまり

気団の性質


高緯度→気温が低い、低緯度→気温が高い
陸上→湿度が低い、海上→湿度が高い

日本の天気

シベリア気団(寒冷・乾燥)、西高東低の冬型の気圧配置、北風の季節風、日本海側→雪、太平洋側→乾燥、晴れ


春・秋

移動性高気圧、天気不安定


 梅雨(つゆ)

夏の前(6~7月)、長い雨、停滞前線(梅雨前線)、※夏の終わりは秋雨前線


小笠原気団(温暖・湿潤)、太平洋高気圧に覆われる(くじらのしっぽ)、南東の季節風、南高北低の気圧配置


台風

北西太平洋で発生した熱帯低気圧のうち、最大風速が17.2m/s以上のもの。夏から秋にかけて発生する。


おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

水溶液の性質
圧力・水圧(浮力)・気圧
道具を使った仕事
more...