ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

これで完ぺき!理科の総まとめ(植物)

calendar

生物の観察

顕微鏡の名称

顕微鏡の使い方

プレパラートのつくり方

ルーペ

物体を大きく見せることで観察しやすくする。ルーペを目に近づけて持ち、物体を近づけて観察する。(※木などの大きな物体を観察するときは自分が近づくことでピントを合わせる。)花の作りなどを観察するのに適している。

様々なプランクトン

花のつくり

被子植物

被子植物

胚珠が子房に包まれている植物。花びらやおしべの数は種類によって異なる。

被子植物のつくり

離弁花

花びらが離れている被子植物 (例)アブラナ、エンドウ、サクラ

合弁花

花びらがくっついている被子植物 (例)ツツジ、アサガオ、タンポポ

合弁花類の覚え方

朝来たヒツジ (アサガオ キク タンポポ ヒツジ)

受粉による花の変化

おしべのやくから出た花粉がめしべの柱頭につくことを受粉という。受粉すると、めしべの根もとの子房は成長して果実に、子房の中の胚珠は種子になる。※サクラ→サクランボ

裸子植物

裸子植物

胚珠がむき出しになっている植物 (例)マツ、イチョウ

マツの花のつくり

裸子植物は花弁がない。また、子房がないため、受粉後も果実はできない。

イチョウのつくり

雌株と雄株に分かれている
裸子植物なので、果実はできない。※銀杏は種子

雌株

胚珠は種子になる。(イチョウの種子は銀杏(ぎんなん))

雄株

水や栄養分を運ぶしくみ

根のはたらき

水や水にとけた養分を吸収したり、からだを支える。

根のつくり

主根と側根からできている根とひげ根の二種類がある。

主根と側根

(例)ホウセンカ、タンポポ、アブラナ

ひげ根

(例)トウモロコシ、イネ、ユリ、スズメノカタビラ

(共通のつくり)
根毛

根の先端にある細かい毛のような根。土とふれる面積を大きくすることで、水や養分を効率よく吸収できるようにする。

茎のはたらき

からだを支え、高いところに葉や花をつける。水や養分を運ぶ。

茎のつくり

維管束が並んでいるものと、散らばっているものがある。

維管束が並ぶ

(例)ホウセンカ、タンポポ、アブラナ

維管束が散らばる

(例)トウモロコシ、イネ、ユリ

(共通のつくり)
道管

根毛から吸収した水や養分が通る管。

師管

葉でつくられた栄養分が通る管。

維管束

道管と師管が束になったもの。茎では道管が内側、師管が外側になる。

葉のはたらき

光を受けて栄養分をつくり出す、光合成を行う。酸素や二酸化炭素、水蒸気を出し入れする。

葉のつくり

葉脈が網目状のものとすじ状のものがある。

網状脈

(例)ホウセンカ、タンポポ、アブラナ

平行脈

(例)トウモロコシ、イネ、ユリ

(共通のつくり)

葉のつくりの観察実験

気孔

三日月形の孔辺細胞で囲まれたすき間。酸素や二酸化炭素の出入り口となる。また、水蒸気がでる(蒸散)ときの出口となる。

根・茎・葉のつくりのまとめ

光合成

光合成

植物が光を受けて栄養分をつくり出すはたらき。おもに葉の葉緑体で行われる。


葉緑体

植物の細胞の中に見られる緑色の粒。

光合成のしくみ

光合成によってつくられたデンプンなどの栄養分はサツマイモでは根、ジャガイモでは茎、バナナは果実のように植物のからだにたくわえられる。

【光合成の実験】

光合成に必要な条件を調べる実験

植物の呼吸

植物は光合成とともに呼吸(酸素を吸って、二酸化炭素を出す。)も行っている。夜間は呼吸のみを行う。
※昼間は光合成による気体の出入りが多く、見かけ上、光合成だけが行われているように見える。

植物のなかま分け


種子をつくらない植物

胞子のうでつくられた胞子でふえる。

シダ植物

  • 維管束あり
  • 根・茎・葉の区別がある
  • 茎は地中にあるものが多い
  • 雌株と雄株に分かれる

コケ植物

スギゴケ

ゼニゴケ

  • 維管束なし
  • 根・茎・葉の区別がない
  • 水や水にとけた養分は体の表面から取り入れる
  • 雌株と雄株に分かれる

シダ植物とコケ植物まとめ

シダ植物 コケ植物
雌株と雄株 分かれる 分かれる
維管束 あり なし
根茎葉の区別 あり なし
水や養分の吸収 からだの表面
その他 乾燥に対応 乾燥に弱い(日かげを好む)

 

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...