ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

タマネギの色素で染色(媒染剤で染める)

time 2017/10/24

全回に続き染色ネタです。今回は、珍しいタマネギを使った染色について書いていきます。

タマネギの色素で染色



タマネギで染色するためにはタマネギの皮をたくさん集める必要があります。学校でカレーや豚汁を作るときに皮をもらうといいかもしれません。

タマネギの表皮で染色を行う方法

タマネギにはケルセチンと呼ばれる色素が含まれています。
タマネギを染めたい布の重さの半分用意します。
お湯3リットルで20分煮詰めます。
プラスチックのザルで濾過します。
※金属だと変色してしまいます。
染色液がとれました。次に媒染液を作ります。
アルミ媒染剤
カリミョウバンAlK(SO42・12H2O
90gを3リットルの水に溶かして3%の水溶液をつくります。
鉄媒染剤
塩化鉄III、FeCl3
同じく3%の水溶液を3リットルつくります。
他にも硫酸銅IIで銅媒染剤などがあります。家庭でやるときはスチールウールをお酢につけると鉄媒染剤がつくれます。
「染色の仕方」
はじめに染色液に10分程度つけます。その後、媒染液に3分程度つけます。媒染液と触れた瞬間色が変わります。
酸化鉄媒染液は茶色になります。
アルミ媒染液では黄色くなります。
※媒染液がつかないように注意してください。
干して乾かします。
上がアルミ媒染液、下が酸化鉄媒染液で染めたものです。
かっこいいTシャツになれよ〜。
ということで媒染剤を使った染色でした。媒染剤の例としてナスの漬物の紺色を鮮やかにするためにカリミョウバンの水溶液につけるなどがあります。身近なところで化学が生きていることがわかりました。
↓完成品
おしゃれなタマネギTシャツをゲットしました。勝負服にします(笑)

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate