ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

大阪市立自然史博物館の頭骨貸出キット

time 2017/07/17

今回は大阪市立自然史博物館の頭骨貸出キットについて書いていきます。

大阪市立自然史博物館の頭骨貸出キット

大阪市立自然史博物館では、学校などの教育機関に様々な教具の貸し出しを行なっています。


今回はアライグマとシカの頭骨の貸出キットについて書きます。中学校二年生の肉食動物と草食動物の単元で使えそうです。

ニホンジカの頭骨



ニホンジカの頭骨。写真では見えにくいですが、このニホンジカは0歳。大きいです。草食動物は肉食動物から逃れるために生まれてすぐ走れるようになります。人間は一年経ってやっとヨタヨタなのにすごいですね。


ニホンジカは草食動物なので視野を広げるために目が左右についてきます。そのため頭骨を前から見たときに眼窩が見えにくいです。


歯は植物をすりつぶすために臼歯が発達しています。また、葉を根元から噛みきるために前歯は前に傾いています。ちなみにニホンジカは上の前歯はないようです。
頭骨でないと確認できないのがこの動き。シカなどの草食動物は葉をすりつぶすために顎の関節が左右に動くようになっているのです。なるほど。

アライグマの頭骨

続いてアライグマです。アライグマは雑食ですが、頭骨はどちらかというと肉食動物の特徴を備えています。
肉食動物最大の特徴は発達した犬歯です。大きく鋭い犬歯は肉を切り裂くのに役立ちます。
シカ違って顎は上下にだけ動きます。人の祖先である猿もワシやタカ、ヘビなどの肉食動物には苦労しました。ネズミ時代には蜘蛛も敵でした。その遺伝子が私たちにも残っているため、私たちはそれらの生き物を無条件で怖がるそうです。赤ちゃんに虎を近づけても怖がらなくても、紐を見ただけで泣きだすことがあるそうです。DNAに紐状のものを怖がるようにインプットされているんですね。すごいです。
あなたは肉食動物怖がる遺伝子をもっていますか?下のGIFアニメを見てもらえばどちらかわかります。
シャー!

このアニメをみて心拍数が上がった人は可能性大です(笑)

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate