ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

孔雀石「Cu2CO3(OH)2」を還元させて銅を取り出す

time 2017/06/09

孔雀石という緑色の鉱石があります。今回は孔雀石をつかった面白い実験をご紹介します。

孔雀石「Cu2CO3(OH)2」を還元させて銅を取り出す

クジャク石は、100均にも売っています。
↑100均で売っている孔雀石の外観
この鉱物の化学式はCu2CO3(OH)2。昔はこの鉱物を還元することで銅を取り出していたそうです。今回は孔雀石を還元させて銅を取り出す実験を紹介します。

実験方法

はじめに孔雀石を粉々にします。カナヅチで砕いた後、鉄製乳ばちですり潰します。さらにふるいをかけると
このような黄緑色の粉になります。
還元には中学校では炭素か水素を使うのが一般的です。でも、還元には水素と炭素が含まれていれば様々なものが使えます。エタノール、砂糖、デンプン、小麦粉、果てにはクッキーなども還元に利用できるようです。すごいですね。石油製品も水素と炭素が含まれるので還元に使えます。ということで


今回はアクセサリーなどをいれるポリエチレン( -(CH2-CH2)- n)の袋で還元していきたいと思います。楽しみです。


ポリエチレンの袋をクシャクシャにして試験管に詰めます。
孔雀石の粉末をいれて脱脂綿で栓をします。
綿を使うのは還元の際に発生する気体が出てこないようにするためです。
ポリエチレンの燃焼では水が発生するため、試験管の口は下に向けるようにします。加熱する場所はポリエチレンではなく孔雀石の付近にすると孔雀石→ポリエチレンの順に熱が伝わり還元が上手くいくようです。
孔雀石が徐々に黒くなっていきます。
この状態でポリエチレンが加熱されて気化すると・・・
黒かった孔雀石の上を白い煙が通って還元が行われます。
酸化還元反応です。
試験管の中に赤褐色の銅ができました。
元の孔雀石とは大きく違いますね。
出てきたのが本当に銅なのか確かめます。
金属の薬さじで擦ると金属光沢を放ちました。導電チェッカーを使っても面白いですね。還元にはエタノールを使った方法もあるそうです。エタノール2mlを沸騰石20個程度にに染み込ませます。この沸騰石をアルミホイルの船に乗せてポリエチレンの袋のように奥に詰めるとよいそうです。様々な還元方法を試すことで還元への理解が高まりますね。
この実験は岩手県総合教育センターのホームページで紹介されています。
気になる方はご覧ください。
→岩手県総合教育センター資料へのリンク

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate