ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

100Vでコイルに電流を流すと何が起こるか?

time 2017/06/05

コイルに電流を流す実験をおこないました。

100Vでコイルに電流を流すと何が起こるか?

 

これはコイルを2つ使った実験です。右のコイルに電流を流すことで右のコイルが磁力をもちます。すると左のコイルは右のコイルから磁力を受けて電磁誘導が起こり、誘導電流が流れて発光ダイオードが点灯するのです。独立したコイルが電源なしに電流が流れるのはおもしろいですね。
こちらはコイルに100Vの電流を流す装置です。黒いケーブルは100Vのコンセントに繋がっています。ケーブルのにはコイルが接続されていて電源に接続すると大量の電流がコイルに流れて強い磁力をもちます。 しかし、100Vという強い電流をコイルに直接流すとショート回路になってしまいます。それを防ぐためにある工夫が必要です。
オレンジ色の矢印の部分を見てください。画鋲があって、回路が途絶えています。ここがポイントです。ここには銅線をほぐして取り出した一本の糸状の銅線を置きます。こうすることで、大量の電流が流れ込んだ瞬間、糸状の銅線が焼け切れて、ブレーカーが落ちたり、コイルが壊れるのを防ぐことができます。いわゆる手作りの「ヒューズ」ですね。では、早速100Vでコイルに電流をながします。
「パチッ」っという音とともに火花が散り、一瞬で糸状の銅線が焼け切れてしまいました。おもしろいのはここからです。一瞬とはいえコイルには大量の電流が流れたはずです。抵抗がほとんど0に近いので、流れる電流は∞に近くなります。(その前に導線が焼け切れますが・・・)そのような電流を流して作ったコイルに発生する磁力は凄まじい。その証拠に・・・
電流を流す前にコイルにドライバーやハサミを入れておくと、磁化されて強い磁力をもつのです。すごいですね。ただ、ハサミの先がN極になるのかS極になるかは実験を行うまでわからないようです。
「おもしろなんでも磁化装置」電磁石の不思議を学ぶのに作って見てはいかがでしょうか?

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate