ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

ゲームで学べる防災プログラムが面白そう

time 2018/01/27

大阪市立生涯学習センターがゲームで学べる防災プログラム「OSAKA防災タイムアタック」を無料で貸し出しています。

OSAKA防災タイムアタック!

申込期間は2017年8月1日(火)〜2018年3月31日(土)

貸出場所

大阪市立総合生涯学習センター(大阪駅前第二ビル5階)

大阪市立あべの市民学習センター(あべのベルタ3階)

大阪市立難波市民学習センター(OCATビル4階)

参加費:無料

対象:中学生以上、大阪市内で防災学習を実施する市民グループ・各種団体・企業

定員:1セット4名〜6名(最大8名まで)1団体につき6セットまで

申込方法:電話・FAX・来館(当月を含む三ヶ月先まで予約可能)※来館のうえ、利用申込書に必要事項を記入

迫り来る”南海トラフ巨大地震” そのとき、あなたはどうする?

大阪市立総合生涯学習センターと神戸学院大学とが共同して、地震発生時に”命を守る方法”を学ぶ、市民向けの防災学習プログラム『OSAKA防災タイムアタック!』を開発し、8月1日より無料貸し出しを始めます。
”南海トラフ巨大地震”、その発生確率は30年以内に70%といわれている中、PTAや町会の学習会、企業の社員研修などの防災学習に、是非ご活用下さい。

『OSAKA防災タイムアタック!』の特徴
・プログラムの実施に必要な視聴用DVDやクイズパネル、解答・解説ブック、回答シートなどがセットされたオールインワンの学習キット。
・1セットで、8名まで使えます。
・プログラムは3つのブロックで構成されています。
【ブロック1】 地震・津波の基礎知識、避難行動に関する知識を得るDVDを視聴
【ブロック2】 パネルのクイズやクロスワードパズルを解きながら、防災の知識をチェック!
【ブロック3】 防災チェックシートで、家庭や地域の災害への備えを確認
力を合わせて、制限時間内にクイズを問くことで防災への心構えを醸成し、知識を蓄えていくことをめざします。

 

詳細はこちらをどうぞ→防災プログラム表面防災プログラム裏面

大阪生涯学習センターホームページより引用

南海トラフ巨大地震は、防災教育でも理科教育でも取り上げる内容です。活用例としてPTAとありますが、学校での利用も可能なのでしょうか?気になる方は調べてみてください。ふたばとしては大阪府内で利用可能と利用者を広げてもらえることを期待したいです。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate