ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

光の実験小ネタ集④ レンズを使ったスクリーン

time 2016/07/25

レンズの導入で使える演示実験をご紹介します。当たり前やん!っていう実験なんですけど、やると想像以上に盛り上がります。

虫メガネで像をつくる


虫眼鏡を2つ用意します。出来れば倍率の高いものと低いものがあるといいです。始めに
「今日からレンズの学習をするねんけど、家に虫眼鏡ある人?」
と発問します。思った以上に家に虫眼鏡のないことに驚きます。次に
「どんなときに虫眼鏡を使うの?」
生徒は「新聞を読むとき」や「小さいものを観察するとき」などと答えます。その後に
「実は虫眼鏡にはものを大きくする以外に面白いはたらきがあるねん」といいおもむろにカーテンを閉めます。何も言わないのがミソです。

↑カーテンは上の写真のように窓枠が十字になるようにすると分かりやすいです。そして、虫眼鏡を取り出し、反対側の扉に近づけると・・・
ジャジャーン 像ができます!
・・・いや、当たり前やんって思わないでください。生徒はとても驚くんです。教科書や資料集ではなく実際にやるのが大切なんですよ〜。
「影じゃないん」といっている生徒がいたので「これ、フルカラーやで〜」伝えるととても驚いていました。上の写真のでも、木がうっすら緑なのがわかりますかね。その後、生徒を1人でも指名して窓際でピョンピョン跳ねさせます。像がピョンピョン跳ねるのを見てさらに盛り上がります。最後にきづいたことがあるか発問して
「像は上下が逆になる」
とでればシメシメです。

虫メガネ2つで望遠鏡が作れる?

その後に「虫眼鏡を2つ並べると望遠鏡になるんやで〜」と伝えます。
虫眼鏡を回すと我先にと簡易望遠鏡を作っていました。虫眼鏡2つでここまで盛り上がれるのが中学生のすばらしさですね。ぜひやってみてください。
2016-07-21-12-00-15

↑レンズを2つ使った手作り望遠鏡。サランラップの芯(硬いやつがおすすめ)と画用紙と倍率の異なるレンズ2つで作ります。

2016-07-21-12-01-00

↑分解したところ。レンズ間の距離を調整してピントを合わせます。

2016-07-21-12-01-09

↑レンズはそれぞれ筒の端についてます。

2016-07-21-12-02-21

↑望遠鏡で松の木を見てみると・・・

2016-07-21-12-02-38

↑大きく見えます。生徒に見せるときは向きが上下左右逆になる点にも着目させたいです。 「簡易望遠鏡の仕組み」

image


(出典:スタパオーナー八ヶ岳日記)

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コアティーチャー養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。