ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

授業で見せたい動画52「スイヘイリーベ 魔法の呪文」

time 2016/05/26

2年生、化学の単元で使える動画です。化学の単元を教える時、絶対に避けて通れないのが「原子記号」です。どれだけ理科が好きでも、覚えるのが苦手な生徒にとっては恐怖でしかありません。原子記号を覚えるのが嫌で理科を学習することをあきらめしまった人は少なくないと思います。逆にここを楽しく学ばせることができれば、理科嫌いを激減させることができるのではないでしょうか?「スイヘイリーベ 〜魔法の呪文〜」はカッキー&アッシュポテトというグループが歌う原子記号の歌です。リズム良く楽しい歌なので、理科が好き嫌いに関わらず誰もが楽しんで聞くことができます。

スイヘイリーベ 魔法の呪文 カッキー&アッシュポテト

2年生の理科の先生がこの歌を授業で流したところ大盛況で、生徒が楽しく口ずさんでいたそうです。原子記号の覚えさせ方はたくさんありますが、こんな風に歌で覚えるのもいいなぁと思いました。

スイヘイリーベ~魔法の呪文~ 

作詞:アッシュポテト

作曲:柿島伸次
編曲:柿島伸次
歌:かっきー&アッシュポテト
※スイヘイ リーベ 僕の船 ナナマガル シップス クラークカ? スイヘイ リーベ 僕の船 全部覚えて ノーベル賞! 水素にヘリウム リチウム ベリリウム ホウ素 炭素 窒素 酸素 フッ素 ネオン(するっと暗記で) ナトリウム マグネシウム アルミニウム ケイ素 リン(リン!) よし! 硫黄! 塩素 アルゴン(アルゴン!) カリウム カルシウム(カリッとBONE) スカンジウム(チタン!) バナジウム(クロム!) マンガン 鉄 コバルト ニッケル 銅やっても亜鉛!(会いたい!) ガリウム(ゲルマニウム!)
ヒ素 セレン 臭素(かなリスゴイぞー) クリプトン ルビジウム ストロンチウム(なんか強そう)
★スイヘイ リーベ 僕の船 ナナマガル シップス クラークカ? スイヘイ リーベ 僕の船 魔法の呪文だ 言ってみよう! 何イットリウム? ジルコニウム ニオブ モリブデン?(モリブデン?) テクネチウム ルテニウム ロジウム パラジウム(うむうむ言いにくい) 銀ちゃんカドミウム インジウム スズ アンチモン(こっちもん!) テルル ヨウ素 キセノン(キセノン!) セシウム バリウム(検査でごっくん!) ハフニウム(タンタル!)タシグステン(レニウム!) オスミウム イリジウム プラチナ 金
水銀(体温計!) タリウム(鉛!) ビスマス ポロニウム(水に溶けないー) アスタチン ラドン(温泉気持ちいい) フランシウム ラジウム(キュリー夫人)
★くり返し ラザホージウム(ラザホー!) ドブニウム(ドブニウム!) シーボーギウム(シーボー!) ボーリウム(ストライク!) ハッシウム(はっしうむ) マイトネリウム(マイトネリウムー) ダームスタチウム レントゲニウム (ランタノイドは?) La Ce Pr Nd Pm Sm Eu Gd Tb Dy Ho Er Tm Yb Lu(ワイビールー) (アクチノイドは?) Ac Th Pa U Np Pu Am Cm Bk Cf Es Fm Md No Lr! Lr!(みんな歌おう!)
※くり返し
★くり返し
平和な未来は 元素から

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate