ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

子どもに見せたい動画71「BARのトイレで鏡から話しかける謎の男とは・・・」

time 2016/05/10

「this bar mirror will make you want to take a cab home」 という考えさせられる動画です。
What if you had to face tragedy in a mirror?(鏡の中から謎の男に話しかけられたら?)という語りかけから始まります。
ここはロサンゼルスのとあるBAR。いい気持ちで飲んでいるたくさんの客。トイレに行って、手を洗っていると・・・急に鏡から見知らぬ男が話しかけます。

this bar mirror will make you want to take a cab home

「なんかの冗談かい?」
と驚く客
「冗談ならよかったんだけど・・・」
と鏡の男が
一体どういうことなのでしょうか?鏡の男の正体とは?
鏡の中男の名前はKris Caudilla、26歳。ある夜、彼はバーの帰り道に飲酒運転で道路を逆走、警察官を轢き殺してしまった過去を持ちます。彼に下された判決は懲役15年。今も、フロリダ州刑務所の中にいます。 このサプライズは、交通事故による死亡者をなくすために活動している団体「We Save Lives」の活動の一環です。カメラやプロジェクターを駆使して、フロリダの刑務所にいるCaudilla氏の映像を鏡の中に映し出し、マイクを仕込んでバーの客とリアルタイムで会話できるようにしたもの。プロジェクトは「Reflection
From Inside(内なる反射)」。タイトル通り、鏡に映ったCaudilla氏の姿は、酒を飲んだ客の未来の姿かもしれないのです。 Caudilla氏は、このプロジェクトへ参加した動機をこう語っている。
「毎日考えるのは、自分が殺してしまった人、そして彼の家族について。だから、酒を飲んで車に乗らないよう、誰かに伝えたいと思ったんだ」
彼はバーの客に最後にこう語りかけます。
 
「いいかい、鏡をよく見るんだ。そして考えてほしい。今日は運転して帰るべきかい?」

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate