ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

他人を許すということはとても難しいものです。大人でもなかなかできるものではありません。キリスト教でも許す(赦す)ことはとても重要な意味を持ちます。イエス・キリストは、自らを十字架にはりつけにした人に対して

「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているかを知りません」

と神に赦しを祈ったと聖書にしるされています。

「汝の敵を愛せ」という言葉があります。ガンジーやマザーテレサ級の広い心が必要だと思います。

相手を許すには

今回紹介する動画は相手を許すためには何が必要かを教えてくれます。教師にとっても考えさせられる動画です。ぜひご覧ください。

動画の解説

①相手がなぜそのような態度を取った理由を考える

まず初めに相手がなぜそのような態度を取ったのか分析する必要があります。人の行動の背景には必ず理由があるからです。

  • 大きな声で怒鳴るのは、自分の感情が相手に伝わらない苛立ちからかもしれません
  • 汚い言葉を使うのは自分の感情を表現できないからかもしれません
  • 言葉遣いがひどいのは親から同じような言葉遣いをされてきたからかもしれません

このように相手の行動の背景を考える必要があるのです。一番苦しんでいるのは自分の感情をコントロールできず叫びまわっている本人なのです。

自分も知らないうちに他人に許せない行為をしている可能性があることを知る

人は、知らないうちに相手を傷つけていることが多分にあります。特に発言力の強い教師はこのことを深く理解する必要があります。

生徒が悩みを打ち明けたとき

「大丈夫、大丈夫。そんなこと大した問題じゃない。悩む時間がもったいない」

勇気づけるつもりでいったこの一言が、真剣に悩んでいる子どもを追い詰めてしまうこともあります。

特に男性の教師にこの傾向は多いです。共感的理解が大切です。

「しんどい」と言われたら「しんどいなぁ。」

「つらい」と言われたら「つらいなぁ。」

「悲しい」と言われたら「悲しいなぁ。」

一度相手の気持ちに寄り添ってあげてください。この相手に寄り添うたった一言で子どもたちは安心することができるのです。

相手を許すことで人生はとても穏やかになる

相手を許すのは何のためか?私は自分のためだと思います。「情けは人の為ならず」と同じです。誰かを許せない時、その人の感情は常に不快なモヤモヤに包まれています。苛立ち、腹立たしく、何を食べてもおいしくありません。怒りに心が囚われています。許すことは、自分の囚われた心を怒りという牢屋から開放することです。このことに一人でも多くの子どもたちに気づかせたいものです。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate