ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

未来を感じるカードボードとVRと360°動画

time 2015/12/02

3年生なので科学技術と人間の単元で扱う未来の技術を調べていたところ、弟に面白いものがあると教えてもらいました。

カードボードでVR

それがVR(バーチャルリアリティー=仮想現実)を可能にするカードボードです。手持ちのスマホをカードボードと呼ばれるメガネのような装置に取り付けるだけでまるで360°仮想現実の中にいるような体験をすることができます。
↑カードボードにスマホを取り付けるだけ
↑対応のアプリや画像、動画をVRモードで起動すると画面が左右に表示されます。
値段も1000円程度と買いやすいのでこれから普及率はどんどん上がると思います。。グーグルのホームページで型紙をダウンロードすることもできるので、ダンボール、ガムテープ、100均のレンズと面ファスナーなどの材料さえあれば自作することもできます。
プラスチック製のものでも2000円程度と買いやすい値段なので作る時間がない人は買った方がいいかもしれませんね。
ちなみに私は、スマホが6.8インチと大きく既存のものが使えないため、ブログ末長男女と三姉妹で紹介されているnexus7用カードボードの設計図を元に自作しました。

自作したカードボード

↑カードボード7インチ用
↑制作費324円
↑ミーツ(100円均一)のクリップ付きのルーペを使いました。固定できるのでオススメです。
見てくれは悪いですがちゃんと使えました。レンズの焦点距離に合わせるのに少し苦労しました。材料費も安く、一年生の光、レンズの単元の学習にもつながるので、科学部の取り組みで取り上げてもいいと思います。
「こんなのオタクがやること」
と思っているみなさん。まずは一度使ってみてください
素晴らしさに感動します!
カードボードは3年後には一人一台の時代がきます!まだまだ対応アプリやコンテンツは少ないですが、YouTubeが対応したこともあり、これからどんどん増えていくはずです。
image
↑YouTubeの画面右下にカードボードのマークがあります。
過去の動画も右上のメニューを開くと•••
image
↑カードボードのマークが!?
image
↑クリックするとVRモードになります。
素晴らしいですね。全天球で撮影することができる360°カメラも一般向けに発売されています。有名なところではRICOHのTHETA、コダックのSP360などがあります。

家庭用360度カメラ

RICOH「THETA」

(↑クリックするとTHETAのホームページ)
最近、画質が上がりmicroHDMIがついた上位機種THETASが発売されました。私は360°動画に感動してm15のピンク色を買ってしまいました。中古で2万円•••いい買い物をしました!今年から学級写真も360°だ!

コダックSP360

RICOHのTHETAのホームページにギャラリーがあるので、360°画像、動画の感動を一度味わってみてください。
RICOH360ホームページ

 youtubeも360度動画に対応

↓映画「予告犯」のプロモーションビデオです。360°動画として話題になっています。
注意:試してみましたが、ブログ上では360°にはならないようです。YouTubeアプリで検索して楽しんでください。また、当たり前ですがジャイロセンサーがついていないスマホでは手で動かす必要があります。

予告犯PV

他にも360°動画はYouTubeにたくさんアップされています。検索してみてください。

starwars360



これからスマホを買うならジャイロセンサーは外せませんね。カードボードがあれば楽しみが倍増しますよ。ぜひ利用してみてください。





down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate