ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

アンドロイドタブレット+ミラキャスト=ICT機器活用授業のスタンダード

time 2015/11/24

今回は、ICT機器を活用した授業について書いていきます。ICT機器のスタンダードは、「プロジェクター+書画カメラ」だと思います。でも、これからのスタンダードはこれに、タブレットPCとミラキャストが加わるはずです。

タブレットとミラキャストで授業が変わる!

昨年は8インチWindowsタブレットを使って授業を行っていました。しかし、最近はAndroidタブレットで授業を行っています。WindowsタブレットではなくAndroidを使う理由は、
  1. 電池の持ちがよい
  2. 起動が速い
  3. 軽くて扱いやすい
  4. SIMが使える
などが挙げられます。今ではWindowsタブレットを使うのは、理科ネットワークを使う時とオシロスコープなどのフリーソフトを使う時くらいです。動画や画像を見せるだけなら断然Androidタブレット(スマホ)の方が使いやすいですね。また、SIMが使えるのは大きなメリットです。ネットに繋ぐためにいちいちポケットwifiを持ち歩くのは大変です。しかも肝心な時に電池切れで使えない•••(※実際よくやってました(笑))授業では生徒に迷惑をかけました。笑えませんね。SIMスロットがあればどこでも簡単にネットに接続することができます。私はWindowsタブレット時代からミラキャスト(miracast)を使って端末をプロジェクターや大型テレビに接続していました。使っているのはnetgearのpush2TVです。今では、書画カメラとともに授業の必需品です。

netgearのpush2TV

①Androidタブレット
②ミラキャスト
③プロジェクターor大型テレビ
④書画カメラ
この4つがこれからのICT機器活用授業のスタンダードになっていくと感じています。
  • 画像や動画はもちろん、パワーポイントを使えて、SDカードやUSBも扱えるAndroidタブレット(スマホ)
  • 無線でタブレットと映像機器をミラーリングできるミラキャスト
  • ワークシートや教科書を写せる書画カメラ

デジタル教科書の普及

後は、デジタル教科書の普及率がどこまで進むかが今後のICTの肝だと感じます。今のデジタル教科書は10万〜20万円と高すぎます。私は、これからはどの教科書にも当たり前のように無料でデジタル教科書のデータがついてくると思います。逆にデジタル教科書が付いていない教科書は売れなくなると思います。もっと言えば、教師に一人一台タブレットが配布されて、そのタブレットにデジタル教科書や生徒の成績などすべてのデータがサーバー経由でやり取りする時代がくると思っています。
若い先生が増えて、ICT機器を活用した授業が特別なものではなくなってきました、これからはただICT機器を使うのではなく、どのようにICT機器を使うのかが大切になってきます。ICT機器を活用した授業の未来が楽しみです。
※2017年9月現在はマイクロソフトのワイヤレスディスプレイアダプターの方が安くてコンパクトで使いやすいですよ~。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate